エンゼルブログ
2021/07/13

【鈴木みくの今日もおやつ開発中 ②】イベント報告!

116
こんにちは、鈴木みくです。

今日は、6月29日にオンラインで開催した、『OUR TeRaSu』(※)主催の『なんでもない日に自分にありがとうのおやつを。』 みんなで「ほっくり」おやつ時間を体験しよう!のイベントの報告をいたします。

  ※『OUR TeRaSu』とは……クラウドファンディングプラットフォーム。運営は「テーブルを創るすべての人を幸せに」をテーマに事業活動を行う、株式会社SEE THE SUN。本プロジェクトは、100%以上達成。
 
なんでもない日にありがとう#01 「心ほっくりおやつ」を共同開発!
なんでもない日にありがとう#02 「心ほっくりおやつ」の裏側体験!


 
<森永製菓開発研究員 鈴木みく>
製菓会社で研究員として働く3歳の娘の母。産後授乳トラブルが起こり、食事制限をしなければならなくなり、さつまいもスイーツ開発を開始。
 私はお菓子の開発の仕事をしています。日々、研究所でデータと格闘したり、試行錯誤をしています。

そこで、できあがった試作品は官能評価や物性のデータとして分析されることが多いです。多くの人が感じる「おいしい」を目指して感想を述べ合い、全国の皆様に同じ美味しさをお届けできるよう、ブラッシュアップと量産化検討をすすめていくのです。
それはとてもやりがいと喜びがあるのですが、実際にそのお菓子を買って、食べてくださる人との距離感はどうしても遠くなってしまいます。
みなさんがお菓子を食べてどんな気持ちになりたいのか、どんな商品ならそれに応えられるのか。もっと近い距離でみなさんの声を直接活かした開発をしたいと思いこのプロジェクトを始めました。前回のブログに対してのエンゼルplusのみなさんからのコメント、すべて読ませていただいて本当に本当に励みになっています。ありがとうございます。
 
今回のイベントでは、私は開発中のいもスイーツの試作品を参加者の皆様に食べていただきました。その直後に皆様からいただいた感想や表情……何の飾りもない素の言葉が、スッと心に入ってきて、イベント中に何度も涙ぐみました。ありがとうございました。
 
試食品は事前に参加者の皆様にお送りしました。ひんやりと冷たいさつまいものお菓子が、口の中でやわらかく濃厚に溶けるのが特徴です。
 では、ここからオンラインイベントの内容を紹介していきます。

今回、私たちが重視したのは、「みんなでおしゃべりすること」。
まずは、小さい頃、遠足や公園に持って行ったお菓子の思い出について語り合いました。
そこで皆様が挙げてくださったのは、ラムネ、チョコレート、バナナ、ミニドーナッツ、スナック菓子……私も幼いころから、これらのお菓子が大好きです。参加者の方が、以前担当していたキャラメルを挙げてくださったこともとてもうれしくて、お菓子は楽しい人生の思い出とともにあるんだなあと実感しました。
 
私は娘を出産した直後、乳腺炎の一歩手前になってしまい、これらの大好きなお菓子が一時的に食べられなくなってしまったのです。
そのときに、お菓子というのは、体だけでなく心のエネルギーなんだな……と痛感。その経験があったから、このさつまいものスイーツが生まれたのだと、当時のことを思い出しました。
 
次に、みんなが頑張っていることを話しました。筋トレ、ダイエット、貯金、子育てのあれこれ……コツコツ系が多く、共感。普段わざわざ口にはしない日々の頑張りを話しあって共感することで、とてもいい笑顔になっていきました。私もみなさんの生活をイメージしながら、誰かのために頑張る日々にふっと心ほどけるようなお菓子を作り続けたいなと思いました。
 
そして、事前に冷凍便でお送りした、さつまいもスイーツの試食タイム。鹿児島県まで足を運び、素材から開発を重ねてきました。このさつまいもスイーツは、芋麹を使って焼き芋ペーストの甘みを引き出しているのです。
実際に食べてみると、さつまいもの素材感はしっかりと、さらに「お菓子」として十分に満足する甘さが口いっぱいに広がり、さつまいもと麹の優しい香りをふんわりと感じられます。

参加者の皆様から、
「こんなにお芋を感じられるおやつ、初めてです!」
「罪悪感なく食べられて幸せになります♪」
「原材料シンプルですね・・・自然の甘味を引き出してこの味になるなんてすごすぎる!」
「さつま芋本来の味が広がってすごく美味しいです!バターとか砂糖とかの甘味ではない美味しさ!これならダイエット中でも授乳中などでも気にせず食べられそう!」
などの感想をいただき、感動!!! ホントにうれしい!!!!
さらに、このさつまいもスイーツのCMをつくることを想定し、タレントキャスティングタイム。皆さんの“推し”を出し合い、盛り上がりました。
 
お菓子を食べて心がほころんだところで、最後は、「1日自由にしていいよと言われたら、どこで誰と何を食べたいか」についてお話しました。活き活きと妄想を膨らませ、「それ便乗したい!」などの声もあがり、ワクワクが連鎖する時間となりました。
初めてのイベントでしたが、ほっくり時間をともにすることで心がほどけ、初対面とは思えないとても温かいイベントになり、私もますます開発にむけて力をいただきました。
 
7月30日からは「なんでもない日にありがとう#01 「心ほっくりおやつ」を共同開発!」のイベントがスタートします。それまでに、またこのブログを更新していきます。

食べると心のエネルギーになり、日常の小さな幸せに気づける……そんなお菓子をつくっていきます。ブログを読んでくださってるエンゼルplusの皆さまに食べていただける日を想像して、明日からもがんばります!
  <シリーズ記事>
  【鈴木みくの今日もおやつ開発中 ①】「心がほっくりするさつまいものおやつ」ができるまで
  【鈴木みくの今日もおやつ開発中 ③】「心ほっくりおやつ」ができるまで 鹿児島日帰り弾丸ツアーレポート

 
202件の「いいね!」がありました。
全202件の「いいね!」がありました。
  • 176
  • 5
  • 3
  • 10
  • 8
116件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる