エンゼルブログ
2014/05/26

「ワクワクいっぱい!子どもたちの成長を応援する自然体験」 前編<自然塾>

34

みなさん、こんにちはエンゼルstaff イシヤマです。

今回は、キャンプ生活を通じて子どもたちの成長を応援する「伊賀・エンゼルの森 自然塾」の担当者・ムトウさんが登場
前・後編にわたってお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):いよいよ「伊賀・エンゼルの森 自然塾」の募集がスタートしました。
その取り組みについて教えてください

ミルクココア

 

 

ムトウ(以下 ム):「エンゼルの森」伊賀、里山のゆたかな自然の中で
キャンプ生活を通じて、子どもたちに自然とともに生きる知恵や、
環境を守る大切さを伝える活動です。
「直接体験をとおして、“子どもたちの心身の健全な育成”を目指す」という
当社の社会貢献活動の基本理念のもとに始まり、今年で7年目を迎えます。

 

 

エ:キャンプ生活の舞台となる「伊賀・エンゼルの森」は、
どんなところですか?

 

ム:伊賀ならではの忍者の文化が残る、自然豊かな里山の中にあります。
敷地内には、テントサイト、管理棟、炊事棟、トイレ、シャワーといった施設が整っています。

 

ココア

エ:子どもたちは、どんなことを学ぶのでしょう?

 

ト:テント設営や食事作りをはじめ、夜の自然体験、川遊びなどの
プログラムを実施しています。そのほか、 クラフト作り、
水晶探し、忍者修行といったレクリエーションもあるんですよ。

 

 

ミルクココア

 

エ:ワクワクする体験ばかりですね~!

 

ト:参加した伊賀の子どもたちは、「地元にこんなに自然が残って
いたんだ」と新たな発見をしたようです。自然と触れ合って
遊ぶ機会が少なくなっているだけに、「地元にいながら色んな体験が
できて嬉しい」と、とても喜んでくれました。

 

 

 

エ:そうした経験は、これからの人生の糧になるかもしれませんね。ムトウさんは、自然にまつわる子ども時代の思い出は
ありますか?

 

ト:小学6年生の時、自然体験教室で1週間小笠原に行きました。船で1日かけて行った先には、本当にきれいな自然に
あふれていて、感激して写真をたくさん撮ったことを覚えています。班のメンバーと見つけた珍しい植物について
色んな推測をしたり、海で泳いだり・・・。この時の経験は、今でも自分の大切な財産です。

 

前編はここまで。後編は、もうひとつの取り組みである「森永リトルエンゼル育成 無人島探検隊」についてお届けします。
どうぞお楽しみに

103件の「いいね!」がありました。
全103件の「いいね!」がありました。
  • 103
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
34件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる