エンゼルブログ
2014/10/28

生誕50周年!みんなの憧れのチョコレート「ハイクラウン」が復活!【前編】

94
クリップ

 

 

みなさん、こんにちはエンゼルstaff イシヤマです。

1964年に誕生し、一世を風靡した「ハイクラウン」
50周年の節目を迎え、この伝説のチョコレートの復活プロジェクトが
スタートしました。その第1歩として、東京駅グランスタ地下1階に
「Hi-CROWN 2 Tsubo Shop」が期間限定オープン
今回は、プロジェクトチームのメンバーに話を聞きました

 

 

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):発売当時の「ハイクラウン」の魅力は、どんなところだったのでしょう?

 

 

マーケティング担当ツチヤ(以下 ツ):日本が少しずつ豊かになっていった
時代、「最高級のチョコレートを」という思いから生まれたのが
ハイクラウンです。こだわり抜かれた品質、外国タバコを彷彿させる
洗練されたパッケージ・・・多くの人にとって“憧れ”の商品だったのでは。
当時としては高価格にも関わらず、爆発的な人気を呼んだのは、
それだけ商品価値が支持された証と言えます。

 

 

 

研究所担当イタクラ(以下 イ):実は「ハイクラウン」のことを
よく知らなくて、最初の会議の前日にあれこれ調べたぐらいなんです。
その後、当時の仕込み表を参考に試作してみたのですが、
ゆっくりとフェイドアウトしてゆくミルクの優雅な余韻に、
旋風を巻き起こした往時の“風”を感じました。50年も前に、
このレベルまで仕込みを突き詰めていたとは・・・
まさに、純日本製チョコレートの発展に大きく寄与した商品だと思います。

 

 

 

製品計画担当セキネ(以下 セ):味わいはもちろん、パッケージも
画期的でしたね。白くてカッチリ角ばっている高級そうな小さな箱の、
小さな開口部からチョコレートを取り出すという動作が、発売当時、
最高にスタイリッシュだったのではないでしょうか。

 

 

 

エ:そんなハイクラウンの魅力を体感できる「ハイクラウンショップ」がオープンしましたね

 

ツ:約100年に及ぶ森永製菓のチョコレート製造の集大成ともいえるのが、新しいハイクラウンです。
ハイクラウンショップは、新生ハイクラウンを通して、日本のチョコレートのおいしさを、
「歴史」「技術」「新しい食べ方」という3つの側面から体験できるお店なんです。

 

 

エ:どんな商品を扱っているのですか?

 

ツ:50年前のレシピを参考にした「クラシックミルク」「クラシックナッツ」
「クラシッククランチ」に、今回新たに開発した「とろけるミルク」
「ビター」「キャラメリゼ」「ピスタチオガナッシュ」「香る宇治抹茶」
を加えた8タイプが主力商品です。
そのほか、数量限定の東京駅の駅舎が絵付けされた高級伊万里焼に入った
ハイクラウンもあるんですよ。

 

 

エ:どれもおいしそうですね!ショップの中で一番好きな商品を挙げるとすると?

 

ツ:「クラシックミルク」あの濃厚でどっしりとしたコクは、ふだん食べているチョコレートとは全く違う味わいです。
口どけにこだわった「とろけるミルク」との対比を楽しむのもオススメですよ。

 

イ:んー、みんなかわいい“子供”なので、開発メンバーにとっては難しい質問ですね。しいて挙げるなら、
「とろけるミルク」でしょうか。

 

セ:やっぱり「クラシックミルク」ですね。懐かしさと新しさを併せ持った、コク深い味わいが最高です

 

エ:グランスタ内にある「はせがわ酒店」さんとのコラボもあるそうですね。

 

ツ:ハイクラウンショップでお酒とチョコの食べ合わせ試食を、はせがわ酒店で日本酒3種×ハイクラウン(600円税別)と
いうセットメニューを販売しています。ぜひお酒とのコラボを楽しんでみてください

 

前編はここまで。後編は、新生ハイクラウンの開発ウラ話をお届けします。どうぞお楽しみに

 

■ハイクラウン ブランドサイト
http://morinaga.co.jp/hi-crown

関連タグ
168件の「いいね!」がありました。
全168件の「いいね!」がありました。
  • 168
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
94件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • ハイクラウンって、初めて聞きました。
  • バスでおばあちゃんの家に行く時に、ターミナル駅でハイクラウンを買って貰った思い出が…
    懐かしい!
  • なるほど
  • 懐かしいですね~ 今は亡き父がお土産に買ってきてくれたのを思い出します。
    おしゃれで高級な感じのパッケージが印象的で、大切に少しずつ食べてました。
  • 昔からハイクラウン大好きでした。甘くて美味しいハイクラウン。煙草を取り出すような気分になれるので、子供なら十分楽しむことが出来ます。ちょっぴり大人気分を味わえるお菓子ですね。50周年おめでとうございます。
  • シシリー・メアリー・バーカーのFlower Fairies のカードが入っていましたね。お小遣いをためて集めたなー。森永が特別頒布した本も買って、今でも全巻持ってます!チョコレートのおまけのカードって、普通は圧倒的に男児向けでしょ?女の子向けのコレクションカードなんて、後にも先にもハイクラウンだけじゃない?
  • 2014/11/05
    おぼろげな記憶ですが、小学校のころの遠足で隣に座った子が持っていて、ハイクラウンを初めてみた私はその子がタバコを持ってきてしまったのかと思ってドキドキしてしまいました。
  • 2014/11/04
    うーわっ、なついー。遠足に持って行くと、必ずトロトロに溶けてた奴ー。それでも遠足のお菓子では必ずメインやったなー。
    にしても米読んでると、ここは皆年配やねー。
  • ハイクラウン。懐かしいですね。
    子供のころは大人の食べるチョコという感じでしたが今大人になってぜひ食べてみたいです。
  • そうそう、この蓋の開き方に高級感を感じるんですよ。
    パッケージデザインもシンプルなんだけど最高です。

    自分が子供の頃だから、そんなに味の記憶もないんだけど…。

    どこのメーカーだったか忘れたけれど、バラの香りがするガムも高級感あったなぁ~。
    (同じような開封口だった。)