エンゼルブログ
2024/04/30

やさしいくちどけ!栄養価の高いビスケット『マンナ』

150
やさしいくちどけで食べやすいビスケット『マンナ』。
マンナちゃんの顔型ビスケットと赤いパッケージでおなじみですね。

3月に公開した「歴史の玉手箱~ 第4回~「マンナビスケット」でこれまでの長~い歴史を振り返りご紹介しました。
エンゼルファミリーのみなさんからは「歴史があるんですね~」といったコメントをはじめ、「子どもが赤ちゃんのときにお世話になりました」「子どものころ食べていて懐かしい」といった声がたくさん!ありがとうございます。

実は、幼児用ビスケットとして誕生したマンナですが、小さなお子さんに限らず、大人にとってもメリットがあるのをご存じですか?
今回は、その魅力に迫ってみます!


■カルシウム・鉄分が入った栄養機能食品!

マンナビスケットは、生後9カ月のお子さんから食べられるくちどけの良いビスケット
かわいいパッケージから幼児用というイメージがあるかもしれませんが、大人にとってもうれしい栄養機能食品※です。
※特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
 


カルシウムは、丈夫な骨や歯をつくるために必要な栄養素で、毎日コツコツ摂ることが大事です。毎日の食事から補うのが一番ですが、それだけじゃ十分なカルシウムを補給するのが難しいこともありますよね。
そんなとき、おやつで手軽にとれたらいいのにな~と思いませんか?

マンナビスケットには、カルシウム・鉄分が含まれています。しかもカルシムの吸収を促進するといわれているビタミンDも含んでいるので、大事な栄養素を効率よく補うことがでるんですよ!


■マンナビスケットのカタチにも秘密が!

マンナビスケットを発売開始した1930年(昭和5年)は、日本は深刻な大不況下。世の中には乳児が食べられるようなお菓子がほとんどない時代に、ミルクの味わいを大切にした、軽くて食べやすい、離乳食として生まれました。「お母さんが子どもに与える最初のお菓子として、栄養価の高いビスケットを食べてもらいたい」という願いが込められています。

発売当初は丸い形をしていたビスケットも2002(平成14)年には、子どもが持ちやすく、親子のコミュニケーションが生まれるようにと、キャラクターの「マンナちゃん」の顔の形になりました。

また、マンナは、ビスケットタイプに加え、口解けのよいウェファータイプ、指先運動にもなるボーロタイプもあります。


家族そろってのおやつタイムや赤ちゃんの噛む練習にと、いろいろなシーンで楽しめそう♪
せひ、この機会に手に取ってみてくださいね!

マンナビスケットの商品情報はこちら>>


 
森永製菓は、みなさんのウェルネスライフをサポートします!

森永製菓はココロとカラダをすこやかにする食を創造し続けるとともに、120余年の歴史で培った信頼と技術を進化させ、あらゆる世代のウェルネスライフをサポートしていきます。
 
森永製菓グループが目指す「2030ビジョン」はこちら>>


 
211件の「いいね!」がありました。
全211件の「いいね!」がありました。
  • 174
  • 8
  • 5
  • 8
  • 16
コメント
150件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる