エンゼルブログ
2015/06/17

森永のお菓子のパッケージのヒミツとは!?デザイン室のカシバさんが登場!【前編】

67

 

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffイシヤマです。

今回は、パッケージデザインを手がけるデザイン室のカシバさんが登場私たちの日常に溶け込んでいる森永のお菓子のパッケージのヒミツとは・・・前後編でお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):カシバさんは、これまでにどんな商品をご担当されてきたのですか?

 

カシバ(以下 カ):「生ラムネ」「おいしくモグモグたべるチョコ」「チョコボール」「チョコかりんと」「チョコけんぴ」「五穀と麹の甘酒」「五穀とつぶあんのおしるこ」などです。

 

※現在は販売終了の商品もあります

 

エ:おお!なじみ深いお菓子がたくさん。どれも自分の子どものように可愛いと思いますが、特に思い入れのある商品というと・・・?

 

カ:「おいしくモグモグたべるチョコ」です。“手描き”のデザインかつ、女性らしさを全面に出したデザインが商品化されるのは珍しかったので、驚きました。2010年の発売から5年、おかげさまで長く愛される商品に育ち、買ってくださるお客さまはもちろん、今までの担当者さんにも感謝の気持ちでいっぱいです

 

エ:「おいしくモグモグたべるチョコ」の温かみのあるパッケージに惹かれる女性は多いと思います!デザインする際、一番意識することは何ですか?

 

カ:まず、商品のおいしさや、どんな中身なのかが伝わることが前提です。5秒ほどしか店頭の商品棚の前にいない方たちにも、「お」と手に取ってもらえるようなデザインを心掛けています。

 

エ:なるほど。一瞬で目を引くことが大切なんですね。どんな時にデザインのアイデアがひらめくのでしょう?

 

カ:50年の歴史があるデザイン室の本棚は素晴らしいので、そこでアイデアをもらったり、カフェや化粧品コーナー、展覧会・・・など、いろんな場所です。また、映画を観ながら、ひらめくこともあります。

 

 

前編はここまで。後編は、商品の発売が決定するまでの過程や気になるデザイン室のことなどをお届けします。どうぞお楽しみに

 

161件の「いいね!」がありました。
全161件の「いいね!」がありました。
  • 161
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
67件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる