エンゼルブログ
2015/03/17

人気急上昇中!パキッと超厚チョコレートアイスバー「パキシエル」【前編】

77

 

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffイシヤマです。
頬にあたる風が日増しに暖かくなってきた今日この頃。そろそろアイスが恋しい季節ですね。
そこで今回は、超厚・濃厚チョコで人気急上昇中のチョコレートアイスバー「パキシエル」の担当者・シノザキさんが登場
前後編でお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):森永製菓では、どんなお仕事をされていますか?

 

シノザキ(以下 シ):冷菓マーケティングという部署で、アイスの商品開発や
既存品のリニューアルの仕事をしています。パキシエルの発売は2013年3月ですが、
その2年前の開発スタート時から担当しています。

 

エ:パキシエルといえば、あの「チョコ感」が魅力ですよね!

 

シ:とにかく分厚いチョコがポイントで、一番分厚い部分は7㎜以上。通常のチョコレートバーのチョコの厚みは
約2㎜前後なので、なんと3倍以上もあるんですよ。一番分厚いのは、お客様が一番最初に口に入れる先端部分。
初めてパキシエルを食べた方は、一口目のチョコの存在感にびっくりするはずです

 

エ:私も、初めて食べた時、先端のチョコの厚みに「おおっ!」と驚きました

 

シ:お客様からは、「まるでチョコレートそのものを食べているみたい」「アイスとチョコを一度に楽しめる」
「独特のパキっとした食感にはまる」「チョコの味が本格的」といったご評価をいただいています。
お手紙やメールでメッセージをいただくことも多く、「チョコもアイスも大好き」という方が
ファンになってくださっているように感じています。

 

エ:「超厚チョコ製法」は、従来の製法とどう違うのですか?

 

シ:従来のチョコバーは、アイスを成形してから、溶かしたチョコにディップしてチョコをつけています。
一方、超厚チョコ製法は、モールドにチョコを入れ、チョコの「シェル(殻)」を作ってからアイスを入れています。

 

エ:なるほど!だから噛み応えのある食感なのですね。「パキシエル」という響きもユニークです

 

シ:パキッとしたチョコレートのシェル(外側のチョコでできた殻)に包まれているので、
「パキシエル」というネーミングにしました。

 

エ:リニューアルして、パッケージもさらに素敵になりましたね

 

 

シ:チョコが好きなお客様に向けた商品ですので、専門店のチョコレートを
イメージさせるようなシックな色使いにしています。
裏面にも、チョコレート専門店のパッケージや情緒的なコピー文を入れて、
「どんな味なんだろう?」とワクワクしてもらえるような工夫をしています。

 

 

 

前編はここまで。後編は、パキシエル誕生秘話や、シノザキさんが挑戦したいことなどをお届けします。どうぞお楽しみに

 

159件の「いいね!」がありました。
全159件の「いいね!」がありました。
  • 158
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
77件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる