エンゼルブログ
2016/03/16

あのCMの舞台裏とは?!数々の広告を手がける広告部ヤマサカさんが登場♪【前編】

27
クリップ

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffイシヤマです。

今回は、数々のCMや広告を手がける広告部・ヤマサカさんが登場あのCMは一体どんな風につくられているの?・・・気になる舞台裏を前後編でお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):広告部でどんなお仕事をされていますか?

ヤマサカ(以下 ヤ):宣伝活動に関すること全般を担当しています。大きく分けて2つの分野があります。1つは、CM、ポスター、イベントなど広告物を作り上げる仕事。そしてもう1つは、作った広告物をどのような手法・ルート・予算配分で伝えるのが効率的か戦略を練る、という仕事になります。

エ:広告部というと、華やかなイメージがあります^^

ヤ:華やか・・・ではないと思いますよ。派手なイメージがあるかもしれませんが、実際は細かい確認ややり取りなど地道な作業が必要な仕事なので。人数もとても少ないので、全員がフルパワーで仕事を回していて、常にバタバタしてます。

エ:なるほど、そうなのですね。これまで担当してきた広告には、どんなものがありますか?

ヤ:主なところでは、「森永ミルクココア」の大野智さんのCMやコネココア動画、「森永甘酒」のイモトアヤコさんのCMや土用の丑の日サンプリングイベントなどです。

エ:コネココア動画、もうホント大好きです!ヤマサカさんが手がけていたとは…(感動)!ひとつの広告がどんな風にできあがるのか、とても興味があります。

ヤ:例えばテレビCMの場合は、完成まで次のようなプロセスを経ています。少し長くなりますが、ご説明させていただきますね。

①マーケティング担当と“一番伝えたいメッセージ”を相談して決めます。

②広告会社様にオリエンテーション。

③広告会社様から企画についてプレゼンテーション。

④提案内容についてのやり取りを何度か繰り返し、企画を練り上げます。

⑤撮影までに企画を固めます。どのコップで飲んだらおいしそうかなど、小道具まできちんと確認します。

⑥撮影立ち合い。予定通りの撮影が行われているか、商品が魅力的に撮れているかチェック。

⑦仮編集立ち合い。実際にどのようなCMになるのか、ここではじめて動画で確認します。

⑧仮編集試写会。上長と共に確認。“一番伝えたいメッセージ”がちゃんと伝わるものになっているか確認し、修正事項を指示。

⑨本編集立ち合い。修正事項の指示がきちんと反映されているか確認。

⑩最終試写会。再び上長と共に最終版を確認。問題がなければ、完成です

エ:緻密なプランのもとで、多くの人の心に響く広告が生まれるのですね~!広告をつくる時、一番意識していることというと?

ヤ:すべての広告において、やはり“一番伝えたいメッセージ”だと思っています。進めていくうちにあれもこれも詰め込みたくなるのですが、どこまでメッセージを絞り込んで、最後までぶれずにシンプルに伝えることが出来るか・・・これに尽きると実感しています。

 

前編はここまで。後編は、ヤマサカさんのアイデアの源などを中心にお届けします。どうぞお楽しみに

75件の「いいね!」がありました。
全75件の「いいね!」がありました。
  • 75
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
27件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください