エンゼルブログ
2017/03/21

「イースターエッグを作ろう!ワークショップ」レポート

23
クリップ

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffクメです。
みなさんはイースターというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

森永製菓ではイースターをもっと多くの方に身近に感じていただき、出会いや別れなど春ならではのコミュニケーションを、お菓子を通して円滑にしていただけたらと思っています。
そこで今回、イースターエッグを作って、森永製菓のイースター商品と一緒に大切な人にプレゼントしようというイベントを開催しました。

イベントは午前、午後の2回に分けて森永製菓本社13階の社員食堂で行いました。
この社員食堂、エンゼルPLUS おやつサミットの会場にもしているのですが、とってもきれいで景色がいいんですよ

当日は普段から素敵な作品を発表されているトールペインターangryの種坂恵先生を講師に迎え、2時間で初心者さんでもかわいいイースターエッグが2個できるワークショップとなりました。

まず、受付で色の付いた木製の卵を2個受け取ります。
会場には種坂先生が作製されたイースターエッグも並んでいて「かわいい~」と参加者のみなさんのテンションも上昇

森永製菓社員テラウチと種坂先生のあいさつの後、早速イースターエッグ作りの開始です

種坂先生はまず全員に向けて簡単な説明をした後、各テーブルを回って指導します。種坂先生はとても気さくな方で、参加者のみなさんもリラックスしてアドバイスを受けていました。

種坂先生が実際に塗って見せると、「先生すごーい」という声とともにみなさんの顔が輝きます先生は色の配色のアドバイスや、卵に上手に描くコツなど、丁寧に指導されていました。

各テーブルに用意されているお手本をじっくり見ながら忠実に模写する人、オリジナルのエッグを作る人、納得いくまで何度も描き直す人・・・などみなさんそれぞれの楽しみ方でイースターエッグを作成していました。

模様を描き終わった後はアシスタントの先生にニスを塗ってもらいます。
乾かしている間におやつタイムたくさん用意されたお菓子にみなさんホクホク顔

エッグが乾くとお菓子と一緒にラッピングします。ラッピングする前に並べて写真を撮ったり、ラッピングした後に記念撮影をしたり・・・最後までみなさん楽しそうにご参加いただいていました。

みなさんもイースターエッグを作って、森永のお菓子と一緒に大切な人に贈ってみるのはいかがでしょうか。

エッグを作るのは難しくてできなそう・・・という方も、ぜひ森永のイースター商品を楽しんでくださいね

この記事のタグ
80件の「いいね!」がありました。
全80件の「いいね!」がありました。
  • 70
  • 3
  • 2
  • 3
  • 2
23件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください