エンゼルブログ
2014/08/15

おかしな宇宙の制作秘話 第2回「プラネタリウム化計画。」

29
クリップ

 

みなさん、こんにちはエンゼルstaff イシヤマです。

「おかしな自由研究」シリーズのヒミツに迫る「おかしな宇宙の制作秘話」。
第2回は、前回に引き続き、「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」のエピソードをお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」は、地球の半球をかたどった立体的なパッケージが
印象的です

 

カナマル(以下 カ):パッケージをぐるっとまわすと、
北半球で見られる四季の星座がすべて楽しめるようになっています。
まさに“小さなプラネタリウム”です。

 

 

エ:小さなプラネタリウム、素敵ですね!

 

カ:実際に、「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」のパッケージは、プラネタリウムとしても楽しめるんですよ。
パッケージの開発段階で半球の形の案が出た時から、「星の部分に穴をあけて、プラネタリウムを作れたら面白いのでは?」
というアイデアはあがっていました。
少し手間はかかりますが、パッケージを分解して、裏返しにして組み立て直して、中から照明をあてれば、
“小さなプラネタリウム”の完成です「おかしな自由研究」のサイトの「まとめかたのアドバイス」に作り方が
載っていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

エ:プラネタリウムを上手に作るコツはありますか?

 

カ:パッケージをきれいに解体し、すき間を作らないように慎重に
張り合わせていくこと。小さな星は小さく、大きな星は大きく穴をあけると、
よりリアルな星座が堪能できます。

 

エ:星座にもっと興味が沸きそうですね

 

カ: お部屋に映るステキな星空をきっかけに、日常の中でも空を見上げて壮大な気持ちになる機会が増えるといいなと思います。小さな悩みを吹き飛ばしてくれるくらいの大きな星空に想いを馳せて、宇宙を身近に感じてもらえるとうれしいです

 

 

第2回は、ここまで。次回も、「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」にまつわる秘話をお届けします

 

 

「おかしな自由研究」シリーズについては、こちらをご覧ください。

http://www.morinaga.co.jp/okashina-jiyukenkyu/index.html

 

94件の「いいね!」がありました。
全94件の「いいね!」がありました。
  • 94
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
29件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の通報
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる