エンゼルブログ
2016/09/13

子どもたちの成長を応援!「無人島探検隊」担当者・シオハラさんが登場♪【後編】

16
クリップ

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffイシヤマです。
お待たせしました後編は、今年実施された「チャレンジ!無人島探検隊 inせとうち」の話題を中心にお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):今年の「チャレンジ!無人島探検隊 inせとうち」も無事終了しましたね。お疲れさまでした!今年は瀬戸内海の家島諸島での実施ということで、場所もプログラムも新しくなりました。

シオハラ(以下 シ):5泊6日のうち、最初の2日は無人島へ渡るための準備として西島にある「いえしま自然体験センター」という施設で生活しました。電気や水道は通っていますが、ここも無人島なんですよ。もちろん、クーラーはありません。海で泳ぐ練習やテント設営の練習、調理の説明やカヌー体験をして心と体の準備をして、いざ本当の無人島へ出発
残り4日を過ごす無人島は、「松島」という小さな島です。ガス・水道・電気は通っておらず、人工物は昔作られた井戸と自分で水を汲んできて流すトイレの2つだけ。その分、自然豊かで海の生き物や満天の星を眺めることができるんです。

エ:子どもたちにとって、かけがえのない経験ですね!中でも、面白かったエピソードというと?

シ:最後の夜に焚き火を囲んで班ごとに発表を行う、「スタンツ」ですね。無人島探検隊に関する思い出を歌や劇、あいうえお作文、ダンスなどにして発表するのですが、これが個性が出て本当に面白い子どもの天真爛漫さと独創性に毎回脱帽です。

 

エ:では逆に、大変だったことは?

シ:臭い対策ですかね。というのも、瀬戸内は穏やかな気候なんですが、湿度がすごく高くて、汗をかいた服や濡れた服が乾かないんですね。なので、日を追うごとにだんだんみんな臭くなっていって。みんな臭うのでお互いには気にならないのですが、帰りの新幹線のことやおうちで洗濯をするご家族のことを考えると気が遠くなりました。

 

エ:みんなで臭えば怖くない(笑)。リアルな体験談ありがとございます!ところで今回の「無人島探検隊」では、どんな風に子どもたちが変わっていきましたか?

シ:特に今年の探検隊員は、緊張からか最初おとなしくて、東京駅を出発した時はほとんど会話が無いような状態でした。本当に無人島行きたかったの?と思ってしまうくらい
でも、一緒に生活し始めるとどんどん遠慮が無くなって、距離が縮まった分ケンカをしたり、効率よく分担して食事作りをしたり、自分たちで「家族みたい」と言うくらい親密な関係性を作っていました。

 

エ:自然の中だからこそ、6日間で子どもたちは成長するのかもしれませんね。

シ:無人島では、毎日食材となる貝や魚を子どもたち自身で獲らないといけないのですが、当初「毎日それじゃあ飽きてしまうのでは」と少々心配していました。でも、子どもたちは毎日楽しそうに、そして一生懸命に食材を探していました。大きな魚が釣れた時や固い貝と格闘して岩から引きはがした時は本当に嬉しそうな顔をしていて、本能レベルで生きているなと感じました。生きた魚をさばきながら、ポロッと「命を感じる」とつぶやく子もいました。普段は忘れがちだけど、他者の命をいただくことの重要性を体感してもらえて嬉しかったですね。

エ:きっと、子どもたちのこれからの人生の糧になりますね。無人島生活の達人のシオハラさんですが、自慢できるサバイバル術はありますか?

シ:サバイバルの技ではないかも・・・いやむしろ究極のサバイバルかも・・・ということで、大体どこでも寝れます。キャンプで眠れなくて困ったという経験はあまりありません。逆に爆睡しすぎて、起きたら同じテントの人がみんないなくなっていて一人ぼっちになっていたことはあります・・・

 

エ:えっ!それは焦っちゃいますね。でも、どこでも眠れるのはうらやまし~い!そんなシオハラさんの今後の目標を教えてください!

シ:無人島探検隊をはじめとした「天使の学校」の活動をさらにブラッシュアップし、子どもたちの健やかな心身の成長を応援していきたいと思いますいつか、私のように「天使の学校のイベントに参加したことがあります」という後輩が出来たら嬉しいな~とコッソリ期待しています。プライベートでは、色々なことに挑戦したいですね。早起きが苦手なんですが、時間を有効活用するために流行の朝活に挑戦してみたいなぁと思っています

 

エ:これからも楽しみしています!最後になりますが、エンゼルPLUSメンバーのみなさんへメッセージをお願いします。

シ:いつも応援していただき、ありがとうございます天使の学校のイベントについて、あたたかいコメントをしてくださっているのを拝見して、いつも感動しています。これからも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします

 

「チャレンジ!無人島探検隊 inせとうち」探検レポートこちら>>

 

いかがでしたか?今後も、普段はなかなか聞けない担当者のウラ話をお届けしていきたいなと思っています。どうぞお楽しみに

52件の「いいね!」がありました。
全52件の「いいね!」がありました。
  • 50
  • 2
  • 0
  • 0
  • 0
16件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の通報
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる