エンゼルブログ
2015/10/23

野望は果てしなく!?菓子コス隊・マツバラ隊長が登場♪【前編】

54

 

みなさん、こんにちは。エンゼルstaffイシヤマです。

 

お菓子でコスプレし、おいしいお菓子をシェアする森永の菓子コス隊。結成以来、「怪しいけど優しい怪しいけど嬉しい」と注目度急上昇中です。そこで今回は、菓子コス隊の隊長として活躍するマツバラさんが登場さて、どんなお話が飛び出すのやら・・・?前後編でお届けします。

 

エンゼルstaffイシヤマ(以下 エ):まずは、自己紹介をお願いします

 

マツバラ(以下 マ):「あたし甘党なんだ~」という女の子が「マツバラって・・・本当に甘党なんだね・・・(げっそり)」となるくらい甘党の菓子マーケティング部のマツバラと申します。座右の銘は「臥薪嘗胆」ですので、お菓子をもらってくれないと確実にイタズラを施す覚悟でおります。

 

 

エ:おおっ、つかみはOK!な自己紹介ですね。にわかに盛り上がっている菓子コス隊ですが、結成のきっかけを教えてください

 

マ:5年ほど前から毎年、六本木や渋谷でのハロウィンパーティーに参加してきたのですが、日本では多くの人が「自分が仮装する」事にのみ興味が行き、本来の目的である「Trick or treat」という風習を忘却しているという傾向を感じたのであります。

 

エ:ふむふむ。確かに仮装はしても、「Trick or treat(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ)」と言いながらお菓子をねだることはしないですものね

 

マ:そこを逆手にとって、「お菓子をもらってくれなきゃイタズラするぞ」という多少押しつけがましいながらも双方において利益のある「自発的ハロウィンコミュニケーション」を確立すると面白いかと思い、菓子コス隊として日本中に出没するに到ったのであります

 

 

エ:なるほど、逆転の発想ですね!ところで、菓子コスする上で心がけていることは何ですか?

 

マ:「ほしい!」と思ってもらえるような、効果的なお菓子を見せびらかし方を日々研究しております。

 

エ:菓子コスする上で苦労している点というと?

 

マ:大きく3つあります。まず、お菓子が地味に重い。そして、自分の見栄えよりもお菓子の見栄えを気にされてちょっとだけ寂しい。最後に、社内での「変人が出没した」扱いが酷い。・・・以上の3点であります。

 

 

前編はここまで。後編は、今後の展開やマツバラ隊長が抱く飽くなき野望を中心にお届けします。どうぞお楽しみに

 

144件の「いいね!」がありました。
全144件の「いいね!」がありました。
  • 144
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
54件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
 
投稿の報告
「エンゼルPLUS」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる